節分・立春【祈念祭祝詞を奏上のこと】

  • 2020.02.04 Tuesday
  • 00:00

節分・立春【祈念祭祝詞を奏上のこと】


◉己亥歳から庚子歳へ


2月3日の節分、立春2月4日により、干支が変わり真の意味で歳が変わった。

太陰暦の春節も終わり、新たなる歳がスタートしたのである。


節分と立春には「祈念祭祝詞」を奏上し、さらに「星祭り」を行なう。

星祭りの方は、詳細がわからない人は、産土神社におもむくか、あるいは

産土社のほうに向いて礼拝を為し、「善星皆来、悪星退散」を何遍も奉唱する。


「祈念祭祝詞」は以下の通り。これは節分、立春に奏上する。


◉節分・立春に奏上する祝詞


『祈念祭祝詞』

「掛けまくも畏こき「◯◯大神」の御前(みまえ)に 御年(みとし)の皇神(すめがみ)たちの

御前を畏み畏みも白さく。この郷(さと)を始め 四方(よも)国の百姓(おおみたから)が

取り作る 奥津御年(おきつみとし)を雨風の障碍(さわり)なく 蝗(いなむし)の災ひなく

八束穂(やつかほ)の茂穂(しげほ)に成し 幸ひ給へと 由紀(ゆき)の神酒御食(みきみけ)

雑々(くさぐさ)の味物(たなつもの)仕え奉らくと平らけく聞食して(きこしめして)

朝夕(あしたゆうべ)に給はるる御食を弥足ひに(いやたらひに)令足(たらしめ)給へと

畏み畏みも乞祈(こいのみ)奉らくと白す」



◉奏上の伝え


この祈念詞は、毎年の節分もしくは立春に奏上する。

「◯◯大神」とある部分は、例えば大鳥神社なら「大鳥神社の大神」でもよいし、

御祭神でもよい。「大鳥神社の御祭神 日本武尊大神」でも「日本武尊」でもよい。

節分と立春と二回やるもよし。

他は、祓い祝詞、産土神祝詞など行ってからやればよい。


※ 今年は特に新型肺炎の蔓延を防ぐ祈祷を込めていただきたい。


以上


川島徳慈 記す

スポンサーサイト

  • 2020.02.17 Monday
  • 00:00
  • 0
    • -
    • -
    • -

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM